北京男子マラソン、金はゲブレスラシエ

藤原正和は21位、前田和浩は40位

 8月22日、陸上の世界選手権、男子マラソンでエリトリアのギルメイ・ゲブレスラシエが2時間12分27秒で優勝した(2015年 ロイター/Dylan Martinez)

[北京 22日 ロイター] - 陸上の世界選手権は22日、北京で開幕。男子マラソンで19歳のギルメイ・ゲブレスラシエ(エリトリア)が2時間12分27秒でマラソンでの同大会最年少優勝を果たし、同国に世界選手権で初の金メダルをもたらした。

2位がイエマネ・ツェガエ(エチオピア)、3位がムタイ(ウガンダ)だった。

藤原正和は21位、前田和浩は40位だった。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT