【産業天気図・銀行業】債券含み損処理あるが、最終利益は高水準

メガバンクでは不良債権問題が終わりを告げ、今07年3月期の下期は高い利益水準が続きそうだ。
 牽引役となるのが、投信・個人年金保険など金融商品販売によって得られる手数料収入や、投資銀行業務に付随する非金利収入。預貸業務に伴う金利収入は、大企業向け貸し出し残高の伸びは見込めないものの、金利ザヤは回復する見通し。ゼロ金利解除で預金金利を引き上げ、調達コストは上昇するが、短プラレートを中心とする貸し出し金利の引き上げも徐々に浸透し、利ザヤは改善が見込める。
 一方で、金利上昇により、保有債券の含み損処理も発生。たとえば三井住友フィナンシャルグループ<8316.東証>の三井住友銀行単体で07年3月期第1四半期に704億円の損失となった。ただ、損益に大きな影響を与えるほどではなさそうだ。
 不良債権処理費用は、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.東証>で、前期単体合算ベースで5389億円の利益計上がなくなり、費用計上となる見通し。みずほフィナンシャルグループ<8411.東証>は、傘下3行合算ベース(再生専門子会社含む)で前期の639億円の利益計上が690億円の費用計上になる見通しだ。ただ、そうした負担増を業務純益(本業の利益)の増加で軽く吸収できそうで、最終利益ベースでは前期並みの高い利益を達成する見通しだ。
【山田徹也記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。