アップル、スマホの世界シェアを拡大

1位のサムスンは大幅縮小

 8月20日、世界のスマホ販売でアップルが市場シェアを伸ばしたことが調査で分かった。写真はアップル、サムスン両社のロゴマークとスマホを手にする人の影。ゼニツァで2013年8月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[20日 ロイター] - 世界のスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)販売が2年ぶりの鈍い伸びとなるなか、米アップル<AAPL.O>が第2・四半期に市場シェアを伸ばしたことが調査会社ガートナーの調べで分かった。

それによるとアップルの世界スマホ販売の市場シェアは14.6%で、前年同期の12.2%から拡大した。一方、競合の韓国サムスン電子<005930.KS>は26.2%から21.9%に縮小した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。