アップル、スマホの世界シェアを拡大

1位のサムスンは大幅縮小

 8月20日、世界のスマホ販売でアップルが市場シェアを伸ばしたことが調査で分かった。写真はアップル、サムスン両社のロゴマークとスマホを手にする人の影。ゼニツァで2013年8月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[20日 ロイター] - 世界のスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)販売が2年ぶりの鈍い伸びとなるなか、米アップル<AAPL.O>が第2・四半期に市場シェアを伸ばしたことが調査会社ガートナーの調べで分かった。

それによるとアップルの世界スマホ販売の市場シェアは14.6%で、前年同期の12.2%から拡大した。一方、競合の韓国サムスン電子<005930.KS>は26.2%から21.9%に縮小した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT