アップル、スマホの世界シェアを拡大

1位のサムスンは大幅縮小

 8月20日、世界のスマホ販売でアップルが市場シェアを伸ばしたことが調査で分かった。写真はアップル、サムスン両社のロゴマークとスマホを手にする人の影。ゼニツァで2013年8月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[20日 ロイター] - 世界のスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)販売が2年ぶりの鈍い伸びとなるなか、米アップル<AAPL.O>が第2・四半期に市場シェアを伸ばしたことが調査会社ガートナーの調べで分かった。

それによるとアップルの世界スマホ販売の市場シェアは14.6%で、前年同期の12.2%から拡大した。一方、競合の韓国サムスン電子<005930.KS>は26.2%から21.9%に縮小した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT