娯楽施設からソニーまで、相次ぐ震災失業の実態、深刻化する解雇・雇い止め


 ソニーはこれまで、協議継続を理由に1カ月ごとの暫定契約を結ぶ一方で、10月以降の給料については「慰労金から取り崩す」としている。ただ、期間社員は取り崩しを認めておらず、見解の対立が続いている。

ソニーは宮城県が54年に誘致した企業の第1号。政府の「東日本大震災復興構想会議」メンバーの中鉢良治・ソニー副会長は、同会議で次のようなメモを提出している。

「被災地域の人々がふるさとで安定した生活を送るには、安定した収入が必要であり、持続的産業による雇用の確保が必要である」

ソニーはそこにどうかかわるのか。企業のあり方が問われている。

ソニーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(岡田広行 =週刊東洋経済2011年11月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT