過敏性腸症候群(IBS)とうつ病--病は気からもたらされる

過敏性腸症候群(IBS)とうつ病--病は気からもたらされる

 

 

病は気から--、メンタル面から病気になる、ということはありうることである。

「脳腸相関」と言われているようだが、頭脳と腸はリンクしている。ストレスなど不安や緊張があると、腸の不調を招き、便通異常や腹痛をもたらす。「気」のあり方は、身体に極めて重要である。

過敏性腸症候群(IBS)という病気がある。腸にがんやポリープがないのに、腹痛が起こる、あるいは便秘や下痢になる。生真面目で責任感が強いなど堅実な性格の人がかかりやすい、と言われている。

「最近、君は評判が悪いよ」--、そんな気になるような言葉を周りからかけられると、人間の腸は収縮するらしい。日本人の10人に1人は、このIBSという病にかかっている、と推計されている。

「仮面うつ」--過敏性腸症候群(IBS)とうつ病

IBSは、うつ病ともどうやら関連があるというか、症状が近いという面がある。
もちろん、うつ病に比べたら、IBSはまだ軽い病気ということになる。だが、俗にIBSは、「仮面うつ」などと呼ばれることがある。

たとえば、生真面目できちんとした性格のビジネスマンが、プレゼンテーションで社内のお偉方に話さなければならない--。しかし、スピーチに自信がない。話すことが苦痛で、大嫌い、などのケースにおいてIBSの症状が出ることになる。

緊張で、リラックスできない。悲観的にしか物事を考えられなくなる。お腹を壊す。腹痛になる。下痢になったり、便秘になったりする。眠れなくなる。夜中に目が覚めたり、早朝に起きてしまったりする。これは確かに多くの人が体験することであるに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT