来年あたり、ハゲタカのターゲットになって日中発の恐慌が起きるかもしれない--葉田順治・エレコム社長(第1回)

✎ 1〜 ✎ 64 ✎ 65 ✎ 66 ✎ 最新
印刷
A
A
来年あたり、ハゲタカのターゲットになって日中発の恐慌が起きるかもしれない--葉田順治・エレコム社長(第1回)

--エレコムの業績を見ると、2009年以降、右肩上がりの成長が続いています。エレコムはマウスやキーボードのシェアで首位を走るパソコン周辺機器メーカーとして知られていますが、最近では新規のスマートフォン関連が好調と聞きます。ストレージ製品やネットワーク製品も地デジ化が追い風となり伸びていますね。

12年3月期の第2四半期も、売上高288億8400万円(前年比23.6%増)、経常利益27億5500万円(前年比48.3%増)と、不況や大震災をはねのける数字をたたき出しました。

すごいなんて思っていません。実は3日前(11月1日)に社内で急ブレーキをかけたんですよ。新規事業をいろいろと立ち上げていたんですが、これらを思い切り絞り、3000万~4000万円くらいかけていた雑誌広告も一切やめろと指示を出しました。大阪支店を本社に集約するなど、あらゆる部分で経費削減へと急ハンドルを切ったんです。

その理由の1つは、やはりタイの大洪水。電機業界にとって東日本大震災の10倍のダメージがあるかもしれません。弊社の生産基地はまったく被害を受けていませんし、今日までの売り上げも全然悪くないのですが、今後は厳しいと思います。
 
 なぜなら、各メーカーがパソコン(PC)本体をほとんど出荷できなくなるから。それに伴って弊社のPC関連製品もどうなるのかと心配しています。

たとえば、マウスの売り上げは通常の7~8掛けくらいまで落ちるのではないでしょうか。11月はまだ在庫がありますし、プリンタなどの年賀状需要も期待できますが、12月以降はきつい。
 
 もっとスマートフォン関連に注力するとか、PC関連売り場もおざなりになっていたので、きっちりやり直す。売れるものを売るというベーシックな形で対応していくしかありませんが、回復するまでに半年はかかるでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT