ボンディングワイヤのデパートになる--田中電子工業社長 笠原康志

銅が普及している理由は、お客さん側が使いこなせるようになったのが1つ。また金価格が高騰しているため、厳しい条件下でも、銅を使おうという顧客が増えている。ただ、金製ワイヤも細線化の技術進化によって、なくなることはない。受け入れる側の体制ができれば、われわれは今よりさらに細い金線を提供することが可能だ。

金から銅などへのシフトが、ボンディングワイヤ以外でも広がるかといえば簡単ではない。中でも半導体材料は材料メーカー、設備メーカーなどが足並みをそろえないと材料を変更することはできない。

ボンディングワイヤが銅に変わったのも、表面を覆う樹脂が悪さをしないよう、樹脂メーカーが研究した成果でもある。企業同士が複合体で研究しないと、代替金属へのシフトは進まないだろう。

(週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT