ボンディングワイヤのデパートになる--田中電子工業社長 笠原康志

銅が普及している理由は、お客さん側が使いこなせるようになったのが1つ。また金価格が高騰しているため、厳しい条件下でも、銅を使おうという顧客が増えている。ただ、金製ワイヤも細線化の技術進化によって、なくなることはない。受け入れる側の体制ができれば、われわれは今よりさらに細い金線を提供することが可能だ。

金から銅などへのシフトが、ボンディングワイヤ以外でも広がるかといえば簡単ではない。中でも半導体材料は材料メーカー、設備メーカーなどが足並みをそろえないと材料を変更することはできない。

ボンディングワイヤが銅に変わったのも、表面を覆う樹脂が悪さをしないよう、樹脂メーカーが研究した成果でもある。企業同士が複合体で研究しないと、代替金属へのシフトは進まないだろう。

(週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング