ボンディングワイヤのデパートになる--田中電子工業社長 笠原康志

銅が普及している理由は、お客さん側が使いこなせるようになったのが1つ。また金価格が高騰しているため、厳しい条件下でも、銅を使おうという顧客が増えている。ただ、金製ワイヤも細線化の技術進化によって、なくなることはない。受け入れる側の体制ができれば、われわれは今よりさらに細い金線を提供することが可能だ。

金から銅などへのシフトが、ボンディングワイヤ以外でも広がるかといえば簡単ではない。中でも半導体材料は材料メーカー、設備メーカーなどが足並みをそろえないと材料を変更することはできない。

ボンディングワイヤが銅に変わったのも、表面を覆う樹脂が悪さをしないよう、樹脂メーカーが研究した成果でもある。企業同士が複合体で研究しないと、代替金属へのシフトは進まないだろう。

(週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT