ボンディングワイヤのデパートになる--田中電子工業社長 笠原康志

ボンディングワイヤのデパートになる--田中電子工業社長 笠原康志

田中貴金属グループは、電球のフィラメントに使われていた白金を回収するところから、工業製品をスタートした。

貴金属は高価なので、会社の方針として無駄なく使うことが基本だ。お客さんの側にも、なるべく使用量を減らしたい、薄く、細く、小さくしたいという要望がある。その加工の方法、また循環リサイクルの構築についても、つねに頭に入れている。

田中電子工業が手掛けるボンディングワイヤは、半導体と表裏一体の歴史を歩んできた。軽薄短小、高密度化、高機能化する半導体の進化に、細く長く真っすぐなワイヤが必要とされてきた。それを実現できるのがわが社の技術のキーポイントだ。

われわれがつねに考えているのは、ボンディングワイヤのデパートになるということだ。今も金製ワイヤだけで約40種類をそろえている。種類を豊富に持つとコスト増にもつながる。そこで、製造のスピードを上げる、不良品を作らないなど低コスト化のノウハウを積み上げて対応している。

新しい柱を作り続ける

金だけでなく、銅、銀とワイヤのラインナップも増やしている。次から次へと、新しい柱をつねに作り続けることが、市場シェアを維持する戦略だと考えている。

銅へのシフトについては、5年くらい前から本格的に考え出した。それまでは価格が上がってから対応しようとして、手遅れになった。ただ今回は、金線の技術メンバーを半分くらいにして、残りを銅に移すなど、機軸を大きく変えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。