iPhone4Sがとどめ、国内携帯端末メーカーの最終章

拡大
縮小

 

 

iPhone4S(16ギガバイト)の端末は本来5万円以上するが、通信事業者から多額の販売奨励金が乗せられているため、実質ゼロ円で購入できる。一方で、ほかの最新のスマホの端末代は3万円前後と、はるかに高い。

毎月の通信料も、iPhoneのみに専用プランが用意され、その料金は他のスマホより500~1000円ほど安く設定されている。KDDIのiPhone4Sを2年間使用した場合、端末代と通信料で合計4万円以上安く抑えられる(下表)。つまり、最も魅力的な端末が最も安い。これでは、他の端末が劣勢となるのも当然だ。

 

iPhoneに多額の奨励金が乗せられているのには、訳がある。通信事業者はアップルとの契約時に、販売台数のノルマを課せられているとされ、そうとうの台数をさばく必要があるためだ。だが、あおりを食う国内メーカーは、「アップルばかり優遇されては不公平。iPhoneをゼロ円で売られたら、われわれの差別化にも限界がある」と、通信事業者への不満をあらわにする。

 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT