【産業天気図・医薬品】薬価改定で「曇り」も一部は順調で、まだら模様。来期は改定なければ回復

医療用医薬品メーカーにとって4月の薬価改定は痛撃だったが、魅力的な新旧医薬品を持つ武田薬品工業<4502.東証>(糖尿病、高血圧)、田辺製薬<4508.東証>(リウマチ)、エーザイ<4523.東証>(アルツハイマー病)、持田製薬<4534.東証>(高脂血症)、ツムラ<4540.東証>(漢方)辺りは数量効果で粗利減を吸収している。業界全体は「曇り」でも、会社によっては順調で、まだら模様といった格好だ。
 今年は市場の大きい生活習慣病(高コレステロール血症、高血圧、糖尿病)分野での大型新薬はない。が、泌尿器系分野は比較的活発で、アステラス製薬<4503.東証>の過活動膀胱薬ベシケアやキッセイ薬品工業<4547.東証>と第一三共(第一製薬)<4568.東証>が共同販売する前立腺排尿障害薬ユリーフなどは来期の大型化が期待されている。
 医療費抑制の観点から、2年に1度の薬価改定を毎年改定にする議論も進んではいるものの、来07年からの適用はないとすれば、来期は比較的事業環境は良く、天気も「薄曇り」に回復しよう。
 業界再編はアステラス、第一三共、あすか製薬<4514.東証>、みらかホールディングス<4544.東証>形成などで一服した感がある。ただ、新薬候補のドロップアウトや薬価頻回改定、ジェネリック医薬品シェア拡大などのイベントが発生すれば、すぐにM&A等が起きる可能性をはらんでいる。
 一方、業界地図が動いたのは大衆薬の分野。アステラスがゼファーマを第一三共に売却し、大正製薬<4535.東証>、武田の大衆薬部門に続く業界3位勢力が生まれた。こちらもエスエス製薬<4537.東証>の睡眠改善剤「ドリエル」に続くような画期的な新製品が最近とんとなく、特定保健用食品やサプリメントに市場を食われている。「某在阪メーカーが大衆薬部門を売却してジェネリック拡大を図る」といった噂も出るほどで、こちらの再編劇からも目が離せない。
【高橋由里記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT