中国の女性が結婚写真に世界一こだわる理由

沖縄などで撮影する中国人カップルが急増

その代わり、娘が結婚後「価値」が下がることを認め、できるだけ夫の言うことを聞くように言いつける。自分もできるだけ婿にはやさしくする。「離婚したら少なくとも資産は分けられる」「あなたにやさしくしてあげるから、あなたやあなたの両親もうちの娘をいじめないでくれ」「女は年を取ると価値が下がるから、離婚されてもおかしくないよ」…こう思う女性の両親は少なくない。つまり、「娘が離婚するのをあらかじめ一定程度想定して結婚をさせる」という考え方だ。

こうした理不尽な慣習の影響を受けた娘たちは、結婚後の生活に向け、不安だらけになってしまう。自分は「結婚」の時点で「価値」が下がるので、今のうちにできるだけ資産をもらっておこう、という話になる。

また、結婚イベントだけが楽しみになるのも自然の流れだ。自分の人生の最高の瞬間は花を盛大に咲かせたくなる。「結婚する時の私は、人生で一番きれいな頃だから、美しく撮りたい」という気持ちも非常に強くなる。欧州の王室の住まいのようなところで、お嬢様のように撮られ、たとえ本人に見えなくてもいいから「完璧」な自分を見たい。どうせ結婚後生活は現実に戻るので今の一瞬だけでも夢を見たい。綺麗でいたい。そのため大金をかけて前撮りをするのだ。

「面子」と「圏子」に束縛される親たち

中国での結婚、特に「流れ作業化」された前撮りや結婚式は、カップルよりも、親のためという側面もある。

他国の人々からみると、お決まりのシーンでお決まりのポーズを決め、前撮りするのはバカに見えるかもしれない。しかし、中国では姑まで写真館に行き、結婚写真を選別するのは、親が誰よりも「面子」(メンツ)と「圏子」(チュエンズ)を重視することにある。

面子とはご承知の通り、自分の見栄である。圏子とは、簡単に言えば「自分と家族の人間関係のネットワーク」である。中国人は、面子を立てるため、そして、圏子で地位を保つため、他人が持っているものは無理してでも持たなければならないし、できれば誰よりも良いものを持ちたい。従って、家族で最大のイベントである子供の結婚では、本人よりも親の方が気合いを入れるのだ。

「大親友の息子は二流大学出身なのに、うまいことに民間企業の社長の娘と結婚した。だから、うちの息子の嫁も資産家出身でないのなら、若くて美人で高学歴で息子と将来の自分の面倒をみてくれる人でないと」と考える。

次ページ変わり始めた20代、30代の女性たち
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT