【産業天気図・空運業】原油高騰一服と客足好調で薄日が差す。ただ個別企業には温度差も

空運業は「曇り」模様に薄日が差してきた感がある。懸念されている原油高騰が一服しているほか、国内・海外の旅行客数も順調に伸びている。航空各社の輸送実績によると、お盆の国内線旅客は約322万人で前年比約3%増。国際線も約60万人で同1.3%増えた。特に中国は反日デモの影響が払拭されて急回復、その他のアジア路線も好調だ。
 このように需要は順調だが、それをどれだけ取り込めるかは各社それぞれで、明暗が分かれている。日本航空<9205.東証>は、第1四半期(4~6月)の売り上げが5222億円と前年同期比188億円回復だが、営業損益は319億円の赤字で昨年並み。安全問題で国内線の顧客流出の回復が鈍いほか、国際線で燃油費高騰が響いた。通期でも営業利益170億円との黒字浮上目標は未達の公算が大きい。
 これに対して全日本空輸<9202.東証>は第1四半期の売り上げが3452億円で前年同期を328億円上回った。営業利益も前年同期比77億円増の195億円で、売上高、利益とも過去最高の水準。国内線で個人旅客中心に流入が進み、事前割引の「旅割」も好評。国際線も中国線の回復が大きく貢献した。中間期は会社計画の上振れが必至の情勢。通期でも会社予想営業利益760億円は過小だろう。
 スカイマークエアラインズ<9204.東証マザーズ>は苦戦を強いられている。第1四半期の売り上げは68億円で前年同期比11億円減。営業損益は34億円の赤字で前年同期より24億円悪化した。主力の福岡線の価格が4月から大手2社と500~1000円ほどしか変わらない水準になり、顧客が流出した。新規参入の札幌線も4~6月の搭乗率は50%前後と低迷。今後は、2つだった事前割引を7つまで細分化し、直前には5000円ほど差がつく水準まで値段を下げるなどの工夫で挽回を狙う。
【山本亜由子記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT