需要低迷により、アジアの家電業界の見通しは悪化《ムーディーズの業界分析》


 また、家電製品の売り上げデータを用いることにはいくつかの利点がある。たとえば、主要市場における家電製品の売り上げデータは月次ベースで公表されており、主要家電製品のほぼすべてをカバーしている。また、消費者信頼感指数などの指標と相関関係がある。このため、業界における変化の兆候をモニタリングしやすく、将来予測を行ううえでも有用である。

実際、足元においては、欧米における消費者信頼感指数の低下が顕著となっている。また、日本、中国においても、消費者信頼感指数は低下傾向にある。こうしたことから、ムーディーズは今後、主要市場における家電売り上げが低迷し、主要家電製品の需給や価格、競争環境にネガティブな影響を及ぼすと予想している。

こうした消費者心理の悪化の影響に加え、家電製品に対する需要減速の背景には、より構造的な問題もある。それは主要デジタルAV製品の市場成熟化である。2000年初頭以降、家電製品の売り上げ成長を牽引してきた薄型テレビ、コンパクトデジタルカメラ、カムコーダー等の主要デジタルAV製品の普及は進み、台数ベースでの成長は鈍化している。一方で価格下落は続いているため、金額ベースでの市場規模は中期的に徐々に縮小していく可能性が高い。

図表:液晶テレビの需要予測

[+]画像拡大

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。