パイオニアが自転車専用ナビを発売、カーナビ技術生かし自転車市場に挑む

パイオニアが自転車専用ナビを発売、カーナビ技術生かし自転車市場に挑む

パイオニアは25日、自転車専用ナビゲーション「SGX−CN700(ポタナビ)」を来年2月に発売すると発表した。この商品で、自転車市場に新規参入する。価格は4万円前後で、販売チャネルはスポーツ自転車の専門店を考えているという。

健康志向の高まりで、自転車人口は増加傾向にある。若者の間でも、自転車で家の近所や街の散策を楽しむ人が増えている。これに着目し、寄り道しても目的地を見失わないよう、現在地と目的地、出発地をわかりやすく表示することにこだわった。この点が、道案内やルート検索に重きを置いた自動車用カーナビとは異なる特徴だ。

走行距離や消費カロリーのほか、ペダルの回転数も表示される。通信機能を使えば周辺スポットを検索できるほか、天気情報や時間に合わせて画面の色も変わる(晴れなら青、曇りならグレーなど)。購入後2年間は無料でNTTドコモの携帯電話回線が使えるようになっている。

簡単なナビならスマートフォンのアプリでも代用できそうだが、「自転車に限らず、専用機へのニーズは必ずある」(小谷進社長)と力を込める。パイオニアは新規事業の開発に力を入れており、社内の新規事業開発室で商品開発に取り組む。ポタナビもその一環で、得意のカーナビ技術を自転車に一部転用することで商品化にこぎ着けた。

欧米を軸に海外展開の準備も進めており、2015年度の販売目標は100万台。「売上高100億円規模にならないと事業といえない」(小谷社長)というように、事業育成に意欲を燃やす。

(前田 佳子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT