南アフリカで22年前の盗難車発見

持ち主からは「信じられない」の声

[ヨハネスブルク 5日 ロイター] - 南アフリカで1993年に盗まれた車が22年ぶりに見つかり、当時の持ち主に戻されたことが分かった。

現地紙ビールトによると、プレトリアに住む男性は1993年、所有していたトヨタの「カローラ」が盗まれたと警察に盗難届を出していた。

昨年になり、北部リンポポ州の道路でエンジン番号が削られた跡のある車が発見された。警察当局者によると、1人の警官が番号を調べ、2週間前に持ち主の男性に連絡した。

男性は「洗車して運転するつもりだ。車内の状態は今でも全く問題はない。信じられない」と話しているという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。