南アフリカで22年前の盗難車発見

持ち主からは「信じられない」の声

[ヨハネスブルク 5日 ロイター] - 南アフリカで1993年に盗まれた車が22年ぶりに見つかり、当時の持ち主に戻されたことが分かった。

現地紙ビールトによると、プレトリアに住む男性は1993年、所有していたトヨタの「カローラ」が盗まれたと警察に盗難届を出していた。

昨年になり、北部リンポポ州の道路でエンジン番号が削られた跡のある車が発見された。警察当局者によると、1人の警官が番号を調べ、2週間前に持ち主の男性に連絡した。

男性は「洗車して運転するつもりだ。車内の状態は今でも全く問題はない。信じられない」と話しているという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。