ニューヨークの株価を後追いする日本の株価--リチャード・カッツ

ある日の日経平均株価の動きを前もって知りたければ、最良の手掛かりの一つは、13~14時間前に終了したニューヨーク株式市場のS&P500の終値を見ることだ。この10年間、ドルに換算した日経平均株価の値動きは、ニューヨークのS&P500の値動きを忠実に反映してきた。過去10年間で見た場合、両市場の相関度は87%と非常に高い。2008年以降に限れば、両市場の日々の値動きの相関度は、93%にまで達する。

また、S&P500とドル換算した日経平均株価では、おのおのの過去10年間の平均株価に対する現在の株価が、同じ水準で推移している。01年から11年にかけての平均株価を100とすると、現在の株価はS&P500で「104・4」、ドル換算した日経平均株価で「103・5」となる。

直近の10年以前には、これほど高い相関関係は見られなかった。だが1998年の「ビッグバン」以来、日本の株式市場で海外投資家の影響が徐々に増大し、両市場の関係がしだいに緊密化してきた。直近の数カ月間では、東京市場における取引全体の3分の2以上に、海外投資家が関与している。

しかし日経平均株価をもともとの円建てで見ると、少し異なった状況が見えてくる。01年から09年にかけての大半の期間については、日経平均株価とS&P500との間にかなりの相関関係があった。それは円の対ドル為替レートに大幅な変動がなかったからだ。

ところが、円の対ドル為替レートが急上昇した10年初め以降は、現地通貨建ての両市場の動きが乖離した。円建てでは、現在の日経平均株価は、01~11年の平均株価を25%下回っている。その一方、この日本株の下落は円の上昇によって相殺されてきたため、海外投資家の立場からすると、日本市場は事実上ニューヨーク市場と歩調を合わせてきたことになる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT