言えば言うほどミスが出る、中国の「政府報道官」受難の時代


当時の指導教官で、清華大学新聞伝播学院の史安斌副院長は、「報道官は、みな兼任。その後の昇進でも報道官時代の仕事はあまり評価対象にならない。きちんとやっているかどうかが重要ではない。官僚の世界は、話が多ければ失うものも多いといわれる。そのような慣習が報道官の発言を縛ってしまう」と話す。

中国のメディアや大衆は、言うべきときに何も言わない官僚や報道官は容認しているが、報道官の言葉にほんの少しでも間違いがあったら、まったく容認しない。王旭明氏は、「これはあまりにも不公平だ。制度や法律による保障があって初めて、報道官が安心して仕事ができるようになる。永遠にナンセンスな話をする報道官こそ批判の対象であり、昇進をさせてはいけないのではないか」と言う。

政府報道官は組織内の情報を全部知っているわけではない、とある報道官は本誌に語る。上の意思がよくわからない半面、下の情報も十分ではない環境で仕事をしている、とこぼす。その一方で、取材に来ている記者からは「情報公開が遅い」と批判される。

「透明性の高い情報を提供できないのであれば、報道官制度なんていらない」と、国家安全監督局の黄毅報道官は吐き捨てるように話す。
(『中国経済周刊』8月29日号/張璐晶記者[北京報道])

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング