発売後2週間で受注2.5万台のダイハツ「ミライース」好調の要因は?--馬場建二・専務執行役員営業本部長に聞く

--従来車と需要を食い合うことはないのか。

ある程度は想定しているが、価格面で棲み分けている。イースの量販グレード(99・5万円)の構成比は約55%と、想定の40%よりも多い。最廉価グレード(79.5万円)のそれはわずか2%。一方で従来の「ミラ」の中心価格は約86万円。より価格を重視するお客様は「ミラ」でカバーしていきたい。

--ダイハツからOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、トヨタ自動車が軽市場に参入した。

弊社からのOEMは年6万台に限られている。適正な競争はむしろウェルカム。トヨタが参入することで軽市場が活性化する効果もあるだろう。

震災以降、乗用車からより低価格・低燃費の軽へシフトする流れが続いている。11年度の軽市場は158万台程度(従来見通し150万~155万台)にはなるだろう。来年度以降も当面年160万~170万台が続くと見ている。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。