トルコ、武装組織拠点に最大規模の空爆

イラク北部を空爆

 7月29日、トルコは同日にかけて武装組織「クルド労働者党(PKK)」のイラク北部にある拠点6カ所に対し空爆を実施した。写真はトルコ空軍の戦闘機。27日撮影(2015年 ロイター/Murad Sezer)

[イスタンブール 29日 ロイター] - トルコは29日にかけて、武装組織「クルド労働者党(PKK)」のイラク北部にある拠点6カ所に対し空爆を実施した。政府筋によると、同国が先週に空爆を開始して以来、最大規模だったという。

PKKに対する空爆は、過激派組織「イスラム国」に対する空爆よりも規模が大きい。このため、空爆の本当の目的はクルド人独立国家建設に向けた動きを阻止することではないかとの見方も浮上しているが、政府はこれを否定している。

トルコのエルドアン大統領は28日、(PKK)と和平交渉を継続することは「不可能だ」と述べていた。

トルコは最近になって方針を転換、これまで消極的だった過激派組織「イスラム国」に対する攻撃にも協力している。PKKにも空爆を行うことは、2方面に向けて戦端を開くこととなり、リスクの高い戦術との指摘も出ている。

トルコ国会は29日、イラクとシリアにおける軍事作戦に関する討議を開始した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。