想定以上!「引越のサカイ」が好調な理由

5期連続の増収増益が射程圏

引越といえば個人を想起しがちだが、サカイの売り上げは半分が法人契約で占める

「一般企業の荷動きが活発で、物流会社はどこも業績がいい。モノが動けば人も動くもの。引越需要も根強い」。真鍋彰郭取締役・経理部長はこう話す。引越業で最大手のサカイ引越センターが7月24日に発表した第1四半期(4~6月)は売り上げが前年同期比4.5%の198億円、営業利益は11.4%増の31億円となった。

当初に計画していた中間期の営業利益は28億円であり、出だしの3カ月でそれを超過した。ただ、第2半期(7~9月)も同じように利益を稼げるわけでもない。同社の場合、引越需要が集中する3~4月に年商の約3割を稼いでおり、近年は第1四半期で上半期分の利益の大半を計上している。

単価上昇が追い風

引っ越しというと個人を想起しがちだが、サカイ引越センターの作業件数の約半分は法人契約が占める。第1四半期は需給の逼迫を背景に好採算案件への絞り込みを進め、件数は前年同期比0.4%増の18万3266件とほぼ横ばいの一方、単価は3.6%上昇し10万3558円となった。

通期で計画する作業件数75.8万件(前期比6.1%増)の達成は微妙だが、単価アップ(通期の前提は9万4900円)を背景に、業績は上方修正される可能性が高い。第1四半期決算を受けて同社は通期の業績見通しを据え置いたが、当初の計画を達成すれば2012年3月期から5期連続の増収増益となる。

もっとも、消費者の節約志向もあり引越業界における価格競争は厳しい。そうした中、サカイ引越センターでは近年、北海道・東北から九州・沖縄まで全7地区のいずれでも売り上げ、作業件数を拡大。2000年から始めた全国向けのテレビCMで知名度が上昇した効果も大きい。当時は売り上げ高の11%を占めた広告宣伝費は2015年3月期で3.5%まで低下した。

次ページさらなる作業件数の拡大にらむ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。