中国外務省が日本の「防衛白書」を批判

「中国の脅威を誇張している」

 7月22日、中国外務省の陸慷報道局長は、21日に公表された日本の2015年版防衛白書について「中国の脅威」を誇張し緊張を作り出していると批判した。写真は山東省青島沖で演習を中国海軍。昨年4月撮影(2014年 ロイター/CHINA DAILY)

[上海 22日 ロイター] - 中国外務省の陸慷報道局長は、21日に公表された日本の2015年版防衛白書について、「中国の脅威」を誇張し緊張を作り出している、と批判した。報道局長の談話が21日夜、外務省のサイトに掲載された。

白書が中止を求めた中国による東シナ海の石油・ガス開発については、中国の海洋活動は国際法にのっとって行われている、と反論した。

報道局長は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は古来から中国に属している。中国政府は引き続き、領土主権の保護に向けて必要な措置をとるつもりだ。日本は、非現実的な幻想を持つべきではない」としている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。