世界の教科書でよむ〈宗教〉 藤原聖子著

世界の教科書でよむ〈宗教〉 藤原聖子著

2001年の同時多発テロ以降、欧米諸国では他者の宗教に対する理解と寛容の態度を養う多文化・異文化理解の公教育が推進され始めた。これからの世界がどうなるかは次世代の教育に懸かっていると考えられているためだ。

憲法上、キリスト教国ではなく政教分離の米国ではどうか。中学生用世界史教科書では、早くから「ジハードは奮闘すること、すなわち誘惑に抵抗し悪を克服するよう、できるかぎり努力すること」を第一の意味に掲げている。

9カ国で使われている宗教科、または社会科教科書の宗教に関する部分を取り上げ、世界の子どもたちがどのように宗教を学んでいるか、日本との違いを解説する。教科書を通じて知る宗教入門。

ちくまプリマー新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT