早くも孤立する震災仮設住宅の高齢者、テレビを見て寝るだけの日々が続く


 設備も住民に不便を強いる。給湯器は安価で風呂の追い焚きができないタイプ。「雨漏りや暑さで屋根が曲がることもあった」(50歳代男性)。住民の要請を受けて、玄関には風除室が入居後に設置されたものの、出入りがしやすい掃き出し窓になっていないため、高齢者にとって洗濯物干しは一苦労だ。


■掃き出し窓になっておらず、洗濯物干しは一苦労(緑ヶ丘東部仮設住宅)


■給湯器は風呂の追い焚きができないタイプ(緑ヶ丘東部仮設住宅)

緑ヶ丘東部仮設住宅では、世帯の約3分の1が一人暮らし。「脱水症状で病院に運ばれた人や、突然いなくなって警察に捜索願いが出た人もいる」(住民)という。富岡町の住宅支援班担当者も「町の保健師や社会福祉協議会職員が安否確認や生活相談で訪問しているが、仮設住宅へのフォローは十分とは言えない」と認める。

いつ終わるとも知れない仮設住宅での生活は始まったばかりだが、早くも問題があらわになっている。国や東電は住民の苦悩をどう受け止めているのか。
(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT