最新版!「連続増益」の好調300社ランキング

ニトリ、ヤオコーなどの優良企業がズラリ

埼玉地盤のスーパー「ヤオコー」ワカバウォーク店(撮影:尾形 文繁)

企業が持続的に経営していくためには、利益を出さなければならない。会計上いくつかの概念があるが、基本が営業利益。商品やサービスの販売など、主たる営業活動によって売り上げ(売上高)を得て、原価と経費(販売管理費)を差し引く。いわゆる「本業の儲け」だ。企業の儲ける力そのものを示す数値といえる。

東洋経済オンラインは、売り上げを伸ばし続けている会社に着目して「優良企業の宝庫!『連続増収』ランキング」を7月15日に配信したが、今度は営業利益を伸ばし続けている会社を紹介する。売り上げを増やし続けるのも、もちろん難しいが、営業利益はもっと困難だ。

いくら優れたビジネスモデルや商材、サービスを持っていてもライバルとの競争はある。時には採算度外視の値引きで勝負しなければならないときもあるし、商品の仕入れ原価が高騰してしまうようなことや、人材を採りすぎて人件費が想定以上にかさんでしまうようなことなどもある。売り上げが思うように伸びないこともあるだろう。

20年以上の連続増益企業は全体の0.01%以下

『会社四季報』には上場企業約3600社の詳細な財務・業績データだけでなく平均年収や平均年齢、仕入・販売先、メインバンクなど就活や仕事に使える情報が満載。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

にもかかわらず、20年以上にわたって営業利益を伸ばし続けている会社もある。東洋経済オンラインは、約3600社の上場企業をすべて網羅している『会社四季報』(2015年夏号発売中)で集計したデータを活用して、「連続増益年数が多い企業」のランキングを作成した。

 直近本決算までの実績をベースにしており、データがさかのぼれる1990年以降、また上場前後のデータの有無により、必ずしもその企業の正確な連続増益記録とは異なる場合もあるものの、営業利益を伸ばし続けている会社の傾向をざっと把握できるはずだ。

1位はニトリホールディングスとヤオコー。ニトリは言わずと知れた全国トップの家具・インテリア製造小売りチェーンだ。実はニトリは連続増収でも1位で、1989年の上場前から「増収増益」を続けており、営業増益は最新決算時点で28年連続という記録を持つ。ヤオコーは埼玉を地盤とする食品スーパーだ。独立系で提案型の売り場づくりに定評がある。

本ランキングは過去5年以上連続で営業利益を伸ばし続けている約300社(上場企業全体の約8%)を網羅した。20年以上の連続増益企業はたったの3社と、上場企業の0.01%以下という非常にまれなケースだ。10年以上の連続増益で見ても20社と全体の約0.5%。売り上げ以上に営業利益を伸ばし続けることは容易ではなく、上位には優良企業が並んでいる。

次ページまずはトップ50社!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT