日本の食文化史年表 江原絢子、東四柳祥子編

日本の食文化史年表 江原絢子、東四柳祥子編

精緻な食年表の刊行は至難の業だが、まとめ上げた編者の労を多としたい。飢饉、流行、事件、国際関係、新商品など食にかかわる多彩な内容にあふれ、読み物としても記述が非常に面白い。成敗されそうになった信長の料理人の話や、鯛(たい)を榧(かや)の油で揚げた流行料理を食べ腹をこわし間もなく死んだ家康の話なども詳しく記述されている。明治天皇の肉食に反対した御岳行者が皇居に乱入したとも……。

特に興味深いのは戦中戦後の耐乏生活だ。スイカや落花生は作付けが規制され、ガスをたくさん使う家庭にガス穴閉鎖班が出動し、週刊誌にゲンゴロウの幼虫やサナギの食べ方特集が載ったなどなど。終戦とともに「鉄兜を鍋に替える町工場が大繁盛」ともある。紙面に変化をつけているのが多数の挿絵と写真で、これを見るだけでも楽しい。年表の膨大さのためか索引に若干の疎漏が感じられるのは惜しまれるが、本書を超えるものは当分生まれないだろう。(純)

吉川弘文館 5250円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT