ユーシン、交代先送りか 「社長公募」の本気度

 

さらには田邉社長は8月から会長職も兼務した。次女を取締役に加えたほかに、米国コンサルタント会社社長を副会長に据えるなど、影響力を保つ足場固めに余念がない。

しかし、社長のヘッドハンティングを手掛ける半蔵門パートナーズの大松尊社長は、疑問を投げる。「本来、現社長が後継者を徹底的に庇護しなければ、後継者の求心力はなくなる。誰も八重樫氏の方を見ていないのではないか」。

今回の公募を通して浮かび上がるのは、田邊社長の覚悟の薄さだ。経営者にとって、引き際は最も困難な課題の一つ。田邊社長は30年以上もトップに君臨しながら、後継者を育てることができずに、引き際のタイミングを失った。

八重樫氏に用意したメキシコ工場の建設計画策定という課題は、モノづくりの素人にとってはハードルが高い。結果的に八重樫氏を更迭する事態になれば、公募を行った経営者として、田邉社長の評価そのものが問われることになろう。はたして八重樫氏は社長の座に就けるのか。去就に注目が集まる。

ユーシンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:松浦 大 撮影:田所千代美 =週刊東洋経済2011年9月10日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?