教養としてのゲーム史 多根清史著

教養としてのゲーム史 多根清史著

この数十年でゲームは、業務用から家庭用テレビゲーム、携帯用ゲーム、そして人間関係を織り込んだソーシャルゲームまで、大きく進化した。その一翼を担うのはハードとソフトの両輪から引き出されるポテンシャルだと著者は指摘する。ハードが発想のきっかけを与え、ソフトがゲームという形にする。利用できるリソースを駆使してソフトは工夫を凝らし、ソフトの現場からの不満がハードの改良や技術の進歩を促す。

インベーダー、スーパーマリオ、ドラクエ、ラブプラスなど歴史的作品の開発史を説きながら、ゲームの進化を俯瞰し、今やすっかり生活に溶け込んだゲームを体系立てて「教養」に編み直そうと試みる。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT