JR九州、新幹線全通で見えた株式上場への道筋

JR九州、新幹線全通で見えた株式上場への道筋

今年のお盆期間。JR各社の利用状況を見ると、JR九州の数字は群を抜いていた。前年同期比188%。九州新幹線・熊本−鹿児島中央間の数字だ。新幹線の全線開業によって、利用客が前年の2倍近くに増えたのだ。新たに開業した博多−熊本間も、昨年の在来線の利用実績と比べて5割増しとなった。

新幹線なら博多駅から鹿児島中央駅までわずか1時間19分。在来線+新幹線の時代から53分の短縮だ。鹿児島空港は市内から遠いため、実質的な所要時間では飛行機は新幹線にかなわない。スピードアップが利用者増につながったのは間違いない。

しかし、JR九州の実力をスピードだけで片付けてしまうのは早計である。乗ってみればわかる。車両デザインと接客サービス。これこそ、同社の魅力である。

九州新幹線「さくら・みずほ」「つばめ」、ビジネス特急「白いかもめ」といった車両では、西陣織を使った座席もあれば、自由席にもかかわらず革張りの座席もある。他社のグリーン車も顔負けの水準だ。

風光明媚な区間を走る観光列車ともなれば、さらにデザインはユニーク度を増す。ヨーロピアンテイストにあふれた「ゆふいんの森」、老舗の和風旅館を思わせる「いさぶろう・しんぺい」。従来の鉄道車両のイメージを覆したデザインを持つ車両がたくさんある。

車内での接客もJR各社の中で頭一つ抜きんでる。ワゴンサービスにしても、単にコーヒーを売るのではなく、豆の種類を説明し、飲み終えたコップを捨てるゴミ袋まで手渡しする気の配りよう。旅行客の写真を撮り、地元の昔話を紙芝居で説明し、停車時間を利用して列車から降り観光案内してくれる……。そんなサービスもある。

では、なぜJR九州はデザインとサービスにこれほどまでにこだわるのか。それを知るには、これまでの道のりを振り返る必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。