有料会員限定

四季報先取り②「10万円未満で買える」好業績銘柄 営業増益率150%の銘柄が7万円前後で買える

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

「会社四季報」夏号を基にした先取りランキング②。

スーパーいなげやの店舗外観
スーパーいなげやは11月にイオン系の傘下に(撮影:大澤 誠)

特集「株の道場 インフレ時代に勝てる株」の他の記事を読む

インフレ時代になると預金金利や賃金の上昇分だけで、物価上昇分を補えない可能性が出てくる。そのギャップを埋め、今の生活水準を守るには、「株式投資」が有効手段の1つだ。
『週刊東洋経済』6月15日号の第1特集は「株の道場 インフレ時代に勝てる株」。『会社四季報』3集夏号の業績予想を先取りしつつ、株式投資に役立つ情報を盛り込んだ。
週刊東洋経済 2024年6/15号(インフレ時代に勝てる株)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年6/15号(インフレ時代に勝てる株)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

株式投資で銘柄を選ぶ際、実際の購入金額がいくらになるのかは気になるところ。国内の上場株式は1銘柄当たり100株単位で売買されるので、「株価×100」が最低購入金額、いわゆる必要資金だ。

新NISAの成長投資枠で株を買うときの年間上限額は240万円。株価が4万円前後で必要資金が400万円前後となるファーストリテイリングの株は買えない。以前に比べ株価1万円超は減ったが、有望銘柄を見つけていざ投資しようとしたら予算オーバーだったということもありうる。

そこで、最低購入金額が10万円未満の“懐に優しい”好業績株ランキングをお届けする。今期、来期の四季報営業利益予想が増益かつ10億円以上などの条件を基に抽出した銘柄を、今期予想の営業増益率が高い順に並べた。

ニッチ大手が上位独占

まずは5万円未満で買える銘柄のランキング。1位は発泡樹脂素材や成形品の大手、積水化成品工業だ。今期は主力の自動車部材用途が伸びるほか、価格転嫁も進み営業利益はほぼ倍増の見通し。2位にはコークス生産の国内最大手の日本コークス工業が入った。今期は主要炉が9月に設備更新を終えて再稼働し、採算が改善。コークス販売も利幅の大きい国内にシフトする。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場 インフレ時代に勝てる株
インフレ時代の生活防衛に「株式投資」は有効だ
プロの厳選銘柄&ランキングで四季報夏号先取り
最高益更新額トップはデンソー、2位オリックス
ソフトバンクG、伊藤忠…主力株から好調銘柄紹介
四季報夏号で見つけたテーマと関連銘柄を紹介
営業増益率150%の銘柄が7万円前後で買える
会社慎重予想も、四季報は4分の1を独自増額
会社予想より強気数字、ホンダは1000億円上振れ
ビーロット、レーサム、ムゲンエステート…
過去10年で6回以上増配した高配当利回り銘柄
石油資源開発は過去5期の間に15回業績上方修正
高値更新余地がある銘柄をランキング形式で抽出
ケイ・アセット平野憲一代表が注目する5銘柄
住友林業、やまびこ…大川智宏CEO注目の5銘柄
見直し買いに期待!藤川里絵が注目する5銘柄
『株式ウイークリー』編集長が注目する5銘柄
スリム化礼賛から大転換、さらば「持たざる経営」
大型株より小型株、成長株より割安株がより上昇
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内