【産業天気図・住宅/マンション】マンションは「晴れ」持続。建て替え層が動意づき戸建て住宅の復活も

国土交通省が発表した2006年1月1日時点の公示地価では、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の商業地が15年ぶりに上昇。特に東京では、住宅地を含む全用途で地価が1.4%上昇した。
 それに合わせてマンション市場も好調が続いている。05年秋に耐震強度偽装問題が発覚したが、06年4月の契約率は82.5%(不動産経済研究所調べ)と、高水準を確保している。マンション価格や金利の先高感による煽り効果も働き、少なくとも06年は需要の腰折れを心配する必要はないだろう。高級マンションを供給する三菱地所<8802.東証>は今期販売予定戸数の81%が契約済み。高付加価値化で採算改善も見込んでいる。
 今後懸念されるのは、用地取得競争の過熱だ。それはマンション価格に反映され、すでに都心の一等地ではバブル期に匹敵する価格に上昇している。郊外地域はこれから価格上昇が本格化すると見られ、顧客がついていけなくなった時は、「いつか来た道」に戻ることにもなりかねない。
 その一方で、持続的に地価上昇が続くことになれば、今度はマンションに代わって戸建て住宅が復活する局面も出てくるだろう。持ち家層が保有する土地が値上がりすればマインドの改善にもつながり、不景気時には控えられていた建て替えが活発化することが予想されるからだ。たとえば首都圏の富裕層に強い積水ハウス<1928.東証>が07年1月期の経常利益予想で前期比16%増の950億円を見込むなど、その兆候は出始めている。
【藤尾明彦記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT