科学的とはどういう意味か 森博嗣著

科学的とはどういう意味か 森博嗣著

携帯電話もカーナビも当たり前になったが、仕組みを知らなくても使えればよいと考える人がほとんど。科学は専門家のものとして理数離れが進む風潮を、小説家で工学博士の著者は危惧する。

「難しいことはいいから結論だけ」という姿勢は「言葉」だけですべてを片付ける傾向を助長し、そこに危険性がある。「自然の猛威の前に人間は無力だ」という言葉は、「油断をするな」という教訓としては正しい。

しかし自然の猛威から人間の命を救うことは可能であり、それができるのが「科学」であり「技術」。現代社会においては科学をもはや好き嫌いでは語れない。東日本大震災を経験した今、「身を守る力」としての科学的思考法をあらためて問う。

幻冬舎新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。