科学的とはどういう意味か 森博嗣著

科学的とはどういう意味か 森博嗣著

携帯電話もカーナビも当たり前になったが、仕組みを知らなくても使えればよいと考える人がほとんど。科学は専門家のものとして理数離れが進む風潮を、小説家で工学博士の著者は危惧する。

「難しいことはいいから結論だけ」という姿勢は「言葉」だけですべてを片付ける傾向を助長し、そこに危険性がある。「自然の猛威の前に人間は無力だ」という言葉は、「油断をするな」という教訓としては正しい。

しかし自然の猛威から人間の命を救うことは可能であり、それができるのが「科学」であり「技術」。現代社会においては科学をもはや好き嫌いでは語れない。東日本大震災を経験した今、「身を守る力」としての科学的思考法をあらためて問う。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。