高層ビル「台北101」が大地震でも無傷だった秘訣 5年間「世界一」を守ったビルの"制振・耐震設計"

拡大
縮小
台北のシンボルタワー「台北101」(写真:kaede.enari/PIXTA)
この記事の画像を見る(9枚)

4月3日午前8時58分頃(日本時間。台湾時間は7時58分頃)、台湾東部の花蓮(かれん)県沖でマグニチュード7.4の地震が発生。花蓮県で震度6強、台北市でも震度5弱を記録した。

台北市内は当時、いったいどんな状況だったのか。

世界100カ国以上の現地在住日本人ライターたちの集まり「海外書き人クラブ」の会員が、当時の台北市内の様子と、台湾一の高層ビル「台北101」を救った耐震設計について紹介する。

通勤ラッシュ時を襲った大きな揺れ

「403花蓮地震」と名付けられた今回の地震は、1999年9月21日に発生したマグニチュード7.6の地震(921大地震、2400人以上が犠牲になった)以来、過去25年で最大級の規模といわれている。また、発生から1週間で16人の死亡が確認された。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT