世界の一流は驚くべき場所で商談していた!

超富裕層の年間スケジュールはとんでもない

ただし、彼らのソーシャルカレンダーは閉じていると、フリードマンは指摘する。仲間だけで会いたいからだ。格差に対する社会の怒りが、富豪の世界をさらに見えにくくしており、派手な消費やこれ見よがしの享楽的生活は、超富裕層では流行らなくなった。それでも、億万長者になりたての人々のあいだでは、社会的なステータス争いがかつてないほど熱を帯びている。

「矛盾した集団だ」と、フリードマンは言う。「目立ちたくない、世間の標的になりたくないけれど、コミュニティも求めている。1年を通して世界各地で開かれる、選ばれた人だけのイベントは、世間の反応を気にする必要もなく、似たような志向の仲間とのコミュニティを提供する」

VIPの安心感と帰属意識

もちろん、こうしたイベントに年1、2回しか顔を出さない超リッチな富豪もいる。また、それぞれの興味を追求するイベントも派生している。美術品収集家はアートフェアーやオークションに足繁く通うが、ほかのイベントにはあまり関心がないかもしれない。馬好きは、春はケンタッキー州ルイビルのケンタッキー・ダービーに、9月にはケンタッキー州のキーンランド競馬場で開催される1歳馬のオークションに集結する。

メディアの大物は、7月に避暑地のサンバレーで大手投資会社が主催するアレン&カンパニー・カンファレンスに集う。ファッション通はニューヨークのファッションウィークと、パリで開催されるオートクチュールのショーははずせない。食通なら6月はコロラド州でアスペン・フード&ワイン・クラシックに、白トリュフの季節はイタリアに飛ぶ。

「『類は友を呼ぶ』だ」と、ネットジェッツのセールス部門の責任者パトリック・ギャラハーは言う。「こうしたイベントは、安心感と帰属意識を与えてくれる。似たような趣味と関心を持つ人々ばかりだ」

実際、サーキットに参加する富裕層は増えており、新しい「スーパー・サーキット」が生まれていると、ピゴッツィは言う。VIP向けイベントのなかで超VIPが集まるイベントだ。TEDカンファレンスでは、本会場の近くで開催されるその名も「ビリオネアズ・ディナー」の入場券は争奪戦だ。メディア界の本当の大物は、最近はカンヌ国際映画祭の数週間後に開催される広告賞「カンヌ・ライオンズ国際クリエイティブティ・フェスティバル」に出席する。

「ライオンズは大切なイベントになった」と、ピゴッツィは言う。「カンヌは主流になりすぎたから」

(執筆:ROBERT FRANK、翻訳:矢羽野薫)

© 2015 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。