新「Galaxy」生成AIで大きく進化した驚きの中身 インパクトが大きいのは「リアルタイム通訳」

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小

通話の音声はすべてGalaxy側で処理するため、相手が同じ端末を持っている必要もない。iPhoneであろうが、固定電話であろうが、Galaxyの電話アプリを通していれば翻訳が機能するというわけだ。もちろん、言語は日本語を含めた計13カ国語に対応。代表的なところでは、英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語などを利用することが可能だ。

リアルタイム通訳の処理は、端末上で行っている。通話内容をクラウド側にアップロードするわけではなく、プライバシーにも配慮されている。仕組みとしては、自分か相手の発した言葉をいったん文字起こしして、そのテキストを元に翻訳をかけ、さらにその文字を音声合成で音にしている。この3つのステップのすべてに、AIを活用。クラウドに送ることなく処理を済ませているため、翻訳のスピードも速く、スムーズにコミュニケーションを取ることが可能だ。

サムスン
AIをフル活用した通訳機能を搭載。写真は対面で利用するアプリだが、サムスンはこれを音声通話にも組み込んでいる(筆者撮影)

AIを活用した翻訳機能は、音声通話だけでなく、対面でも利用できる。相手が目の前にいる場合には、翻訳アプリを起動すれば同等の精度で自分と相手の話した言葉を、それぞれの言語に訳してくれる。実際、筆者も発表会の会場にあったGalaxyで英語、スペイン語それぞれの通訳を試してみたが、コミュニケーションをきちんと取ることができた。筆者はスペイン語にはなじみがなく、相手が何をしゃべっているかがまったくわからなかったが、翻訳機能のおかげで内容が理解できた。

また、当然、翻訳は文字にも適用できる。例えば、ボイスレコーダーで文字起こしした外国語を日本語に訳すのも、アプリ内のボタンをタップするだけ。取ったメモや、表示しているサイトも、一発で他言語に翻訳できる。こうした基本機能の数々に翻訳をきちんと組み込んでいるのが、Galaxyならでは。コピペなどの必要がなくなり、スムーズに他言語を理解できるようになる。

テキストの「文体」をAIで変換

スマホの文字入力は、基本的にキーボードで入力した文字がそのままフィールドに表示される。Galaxy S24/S24 Ultraでも、その基本は変わっていないが、Galaxy AIでは、ここに入力した文章の自動変換機能を組み込んでいる。入力した文章の文体を、TPOに合わせてワンタッチで変更可能。とりあえず、要旨だけを打ち込めば、文章を作り込んでくれるので、入力の手間が省ける。

次ページAIのボタンをタップして5種類の文体を選べる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事