売り手市場で横行する「オワハラ」とは?

内定辞退すれば、「裁判」と脅す悪質事例も

就活は学生も企業も真剣勝負

前倒しの採用活動に力を注ぐのは中小だけではないようだ。大手の中にも、大学OBの務めるリクルーターが学生を囲い込んでいる企業があるという。採用人数が多いため、8月から選考していたのでは間に合わないのだ。ある大手電機メーカーの人事部長は「8月以前に実質的に内定者を決める。8月1日の選考試験に来てくれれば、その場で内定を出す」と明かす。

内定を辞退したら…脅す企業

オワハラのパターンは、以下の三つに分けられる。

1.「就活を終わりにすれば、この場で内定を出す」と言って、他社の選考を辞退させようとする。2.他社の選考に行けないよう、わざと面接や研修の日程を入れる。3.内定時に書かせた誓約書を盾に、入社するよう迫る。

このうち学生を特に悩ませるのは3.だ。「内定を辞退したら裁判を起こす」などと学生を脅す企業がある。各大学のキャリアセンターは、「誓約書に法的効力はない」と説明しているが、萎縮してしまう就活生も多い。

大学、短期大学などで構成される就職問題懇談会は2月、学生の職業選択の自由を妨げる行為をしないよう、企業に要請している。

文部科学省も実態を調査し、6月25日に結果を発表した。すると回答した約3890人の学生のうち、1.9%の学生がオワハラを受けたと回答。同様に大学・短期大学82校のうち45.1%が、学生からオワハラの相談を受けたと答えている。

就活は学生の将来に大きな影響を及ぼす大事な節目。実際にこのようなことを行っているのは一部とみられるが、企業の都合を押し付けることは許されない。

(撮影:尾形文繁)

「週刊東洋経済」2015年6月27日号<22日発売>の「核心リポート05」に一部加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。