住みよさランキング「安心度1位」の都市は?

部門別「利便度1位」は4年連続で野々市市に

 

北陸鉄道石川線の「押野駅」(写真:ワン太郎 / PIXTA)

「利便度」は野々市市(石川)が4年連続トップ

野々市市(石川)が1位となり、2位の新宮市(和歌山)とともに、4年連続でその座を守った。また3位の名取市(宮城)から7位の下松市(山口)まで昨年と順位の変動はなく、さらに昨年10位の直方市(福岡)が8位となる一方、昨年8位の習志野市(千葉)が10位と順位が入れ替わっただけで、トップ10の顔ぶれは昨年とまったく変わらなかった。

改めて1位の野々市市は、金沢市の南部に隣接し金沢市中心部から一体となった市街地が市域全体に形成されている典型的なベッドタウン。また金沢工業大学などが立地する学園都市としての性格も持っており、若い世代が多いのも特徴だ。

自動車による交通アクセスがよく、国道8号線などの幹線道路沿いには「イオン御経塚ショッピングセンター」をはじめ、大型の家電量販店、ホームセンターなどが建ち並んでおり、市内のみならず周辺からも多くの集客がある。そのため「小売業年間販売額」と「人口当たりの大型小売店店舗面積」の両指標ともに全国1位と他都市を圧倒している。

2位の新宮市(和歌山)は、紀伊半島の南部に位置し、和歌山市のほか隣接する三重県・奈良県の中心部からも大きく離れている。周辺市町村に大きな商業施設が少ないこともあって、紀伊半島先端地域や三重県南部を含む熊野地方の中心都市としての性格を持つ。

そのため、周辺地域も含め人口規模はそれほど大きくないにもかかわらず、大型小売店店舗面積では全国1位、小売業販売額も34位と全国トップクラスにある。

上位で大きな順位変動があったのは20位の天童市(山形)で、昨年の108位から大きく順位を上げた。2014年3月14日に「イオンモール天童」が開業したことで、大型小売店店舗面積の順位が昨年の155位から24位へと押し上げられたことが要因だ。ちなみに今年3月には、この「イオンモール天童」に隣接するJR奥羽本線に、新駅として「天童南駅」が開業している。このように、このカテゴリーは指標の性格上、大型商業施設の開業(撤退も)により順位が変動しやすいという特徴がある。

トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。