人の欲求に最大限応え形作られた日本のラブホ 昭和、平成、令和…日本ラブホテルの変遷史

拡大
縮小
筆者が東京都内で行った昭和のラブホテルの展示の様子(写真・那部亜弓)

先日まで東京・下北沢のとある飲食店で昭和のラブホテル写真の展示を行っていた。これまで訪れた350カ所のラブホテルから、心を揺さぶられた部屋をチョイス(ほぼすべて昭和時代のホテルになってしまった)、1面に30枚の写真をぎっしり詰めた。

割と最近に撮影したものも多いので、8割ぐらいは今も営業している部屋の写真だ。展示方法は、ラブホに入店すると、フロントでまず目に留まる料金が書かれた宿泊料金表をイメージさせたもの。

料金表のイメージに近づけるため、写真の下に部屋名と「休憩○円 宿泊○円」の記載も忘れない。展示の客層の年齢の幅は広く、50代以上の方はバブル時代の六本木での思い出や昔のラブホテルでの甘い記憶を語ってくれた。

「ベッドはなぜ丸いのか?」

若いカップルも多く訪れた。「ラブホにこんな部屋あるの!?」というのが、最も多く聞こえた声だった。「お2人が行くホテルにはほど遠いデザインかもしれませんね。これらは日本が景気が良かった昭和40年から50年代(1970年代から80年代)に、製作も運用コストも一切無視してつくられた内装なんですよ」と切り出し、私のラブホテルうんちく話はこのように始める。

一番多かった感想は、若いカップルを中心に「ラブホにこんな部屋あるの!?」。次に多かったのは「料金は今もこの値段でやっているの?」。以降はこのような内容が多く聞こえた。

「ベッドはなぜ丸いのか?」「回転ベッドはなんのために回転するのか?」「どうしてこの撮影活動を始めたの?」「都内近郊にこんなお部屋はあるの?」「那部さんがこの中でさらに最も思い入れのあるお部屋はどれですか?」

これらは一般的で率直なラブホテルに対する疑問であり、自分の経験と知識の範囲で答えよう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT