日本の損害保険セクターの見通しは引き続き「ネガティブ」《ムーディーズの業界分析》


金融機関グループ
主任格付アナリスト/アナリスト
石田 奈津子

ムーディーズは、日本の損害保険セクターの見通しを引き続き「ネガティブ」とする。日本の損害保険の収益性は、市場の飽和、業界内の継続的な料率競争、日本の経済環境の低迷といった事業環境を背景に、引き続き厳しい状況にある、とムーディーズでは考えている。自動車保険の保険料率改定などによる収益率の改善効果はあるものの、上記の厳しい環境に加えて、中長期的には国内人口の減少と高齢化が市場縮小プレッシャーとして存在するため、十分な収益改善を果たすにはなお時間を要するものとみられる。

また、3月11日の震災以降、日本の経済見通しが一層不透明性を増している点も、セクターの見通しを引き続きネガティブとする一因である。電力供給制限等による経済活動の一層の低下など、事業環境の悪化が損害保険セクターの信用ファンダメンタルズにも波及すれば、収益は落ち込むものと見られる。震災の直接的な影響が格付け対象先の損害保険会社の資本基盤に及ぼす影響は限定的であると見ているが、震災関連の支払いにより取り崩された異常危険準備金の再積み立ても収益性に影響する可能性があると考えている。

縮小傾向にある損害保険市場

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。