東京都・宮坂副知事が見た「自治体DX」理想と現実 都の外郭団体で未曾有のシステム大移動を支援

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
東京都副知事とガブテック東京理事長を兼務する宮坂学氏
東京都副知事とガブテック東京の理事長を兼務する、ヤフー元社長の宮坂氏。システム移行作業などに追われる区市町村の支援の必要性を感じてきたという(撮影:尾形文繁)
自治体ごとに仕様がバラバラだった計20の基幹業務システムを2025年度までに同じ基準で作り直し、政府が一体運営する「ガバメントクラウド」上で稼働させる――。
政府の大号令の下、全国1788自治体が一斉に進める“システム大移動”の作業がこれから本格化する。移行に向けた課題が山積する中、新たな自治体DXの進め方を模索する東京都は、2023年夏に100%出資の外郭団体「GovTech(ガブテック)東京」を立ち上げ、都内の区市町村のシステム移行を支援している。
今後、システム移行を着実に前進させるうえで何が必要なのか。ヤフー元社長で、現在は東京都副知事とガブテック東京理事長を兼務する宮坂学氏に話を聞いた。

町や村から聞こえる「厳しい」現実

――自治体システムの標準化に向けた作業が本格化する中、デジタル庁が3月上旬、期限である2025年度までのシステム移行が困難な自治体が1割に上ると公表しました。現場で何が起きているのでしょうか。

この国の行政システムが始まって以来の大事業であり、難事業だ。長い目で見ればシステムを変えるのはよいことで、みんな総論賛成だが、いくつか課題がある。「引っ越し期日」が決まってしまっているのが、簡単ではないところだ。

期限がないといつまでも移行できないから、そういう意味で締め切りを作ったのはよいことだと思う。ただ、都内のいろんな自治体の話を聞くと、現実的には「厳しい」という声が大きい。

一般的にどのプロジェクトも後ろに行けば行くほど大変になる。今からどんどん(期限内の移行が困難な自治体が)減るという楽観はしないほうがいい。

――都内の自治体からは、どのような声が多いのでしょうか。

例えば、町や村では公務員の定数すら満たせない状況で、これだけの大事業をやらなければいけない。1人しか「情シス」(※自治体の情報システムを担当する職員)がいない自治体もあり、だいたいが他業務と兼務でやっていると推測する。

周囲に相談もできなければ、(移行に必要な)膨大な文書を隅から隅まで読み込む余裕もない可能性がある。われわれが相談相手になったり情報提供したりしているが、62区市町村全部が情報技術に詳しい人材を採用するのは無理だ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT