朝ドラ「ブギウギ」最終回の前に早すぎる全体総括 「音楽朝ドラ」真骨頂に向けた趣里と伊原六花の功績

✎ 1〜 ✎ 72 ✎ 73 ✎ 74 ✎ 75
拡大
縮小
(画像:NHK『ブギウギ』ウェブサイトより)

朝ドラをことさら熱心に見た半年間だった。

「BK朝ドラ」(NHK大阪=JOBKが制作する朝ドラの意。原則的に10~3月放送)についていえば、最近では『スカーレット』(2019年)、『カムカムエヴリバディ』(2021年)も比較的熱心に見たのだが、『ブギウギ』は『スカーレット』の重み・深みと『カムカム』の派手さ・賑やかさをいいバランスで配合した感じがした。

ただ全体的に振り返って、とにかく図抜けていたのは、戦争で亡くした弟・六郎に捧げた『大空の弟』が生歌で切々と歌われた回だった(12月7日放送分)。あの15分は、まごうことなき大傑作、朝ドラ史に残る回になろう。

「音楽朝ドラ」としての真骨頂

しかし以降、個人的には正直、少々視聴テンションが下がってしまった。その大きな要因は、福来スズ子自身が戦争にがんじがらめになり、音楽活動がしにくくなることにあった。つまり、やはり『ブギウギ』は「音楽朝ドラ」というところに本質があったと思う。

そんな「音楽朝ドラ」としての真骨頂が『大空の弟』回だったと思うのだ。ただ先週金曜日(3月22日)に放送された「オールスター男女歌合戦」、『ヘイヘイブギー』の回は、「音楽朝ドラ」の真骨頂に向けて、再び一気に盛り返した印象を受けたのだが。

そう、『ブギウギ』の魅力の本質は「音楽朝ドラ」=「音楽」と「朝ドラ」のかみ合わせの良さの発見にあったと考える。

実際、早送りして、趣里の歌唱シーンだけ見ている人も多かったのではないか。ちなみに私は、ここまで完走し続けた上に、歌唱シーンがある回だけをHDDにダビングして保存、歌唱シーンが始まるところにチャプターを打ち込んで、何度も見ている。

また、その歌唱シーンがおしなべて素晴らしいので、何度見ても、まったく飽きさせないのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT