中国新興EV「蔚来汽車」、決算が映す厳しい実態 廉価版サブブランドの投入で巻き返せるか

✎ 1〜 ✎ 153 ✎ 154 ✎ 155 ✎ 最新
拡大
縮小
蔚来汽車は2023年の販売台数や粗利率の実績が、投資家向けに示していた目標値に届かなかった。写真は主力車種の「ES6」(同社ウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの蔚来汽車(NIO)は3月5日、2023年の通期決算を発表した。

同社の2023年のEV販売台数は約16万台と前年比30.7%増加したが、伸び率は2022年(34%)より低下した。通期売上高は556 億元(約1兆1604億円)と前年比12.9%増加。純損益は207億2000万元(約4325億円)の赤字を計上し、損失額が前年比4割超も膨らんだ。

蔚来汽車の厳しい実態を示すのが粗利益率の推移だ。自動車事業の通期の粗利益率は9.5%と、前年比4.2ポイント低下。四半期別では2023年1~3月期の5.1%を底に改善してきたものの、10~12月期の粗利率は11.9%と目標の15%に届かなかった。

従業員の1割前後を削減

それだけではない。蔚来汽車は2022年末時点で「20万台以上」としていた2023年の販売目標も、やはり未達に終わった。同社の月間販売台数は(2023年6月末に発表した実質値下げを起爆剤に)2023年7月に初の2万台超えを記録したが、その後は勢いを維持できなかった。

2023年11月には、創業者で董事長兼CEO(会長兼最高経営責任者)の李斌氏が全従業員に宛ててメールを送信。蔚来汽車の現状を次のように述べ、リストラに着手すると通告した。

「わが社の業績は目標との乖離が大きい。コスト削減と業務効率化を図り、組織を身軽にして(競合他社との)戦いに臨むため、従業員数を10%前後削減する」

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT