フジテレビ、「決断」は浮上に繋がるのか

米国の新ライバルに番組を提供

過去に放送した番組の提供については、他社も静観している。ネットフリックスはテレビの視聴者を奪うライバルにもなりうる。テレビ局が持つ番組を提供するに値するだけの取引金額の提示など、いい条件を示されない限り、自分たちの大事な番組をライバルに渡す必要性は低い。ネット上の有料配信であれば、フジも「フジテレビオンデマンド」を手掛けており、視聴者が見たい番組を好きな時間に見ることは可能だ。

視聴率低迷の打開策なるか

民放でいち早くネットフリックス向けコンテンツを制作することにした背景として考えられるのが、フジの視聴率低迷だ。2014年度通期の視聴率は、全時間帯で日本テレビ、テレビ朝日に次いで3位。4位のTBSテレビとの差は縮小傾向にある。

ネットフリックスのリード・ヘイスティングスCEO。既存のテレビよりも、個人の趣味や時間に合わせた自社のようなサービスが、これからは支持されるようになると訴える(撮影:尾形文繁)

これまで強みとしてきた若年層についても、2014年度個人視聴率では、ティーン層(13〜19歳男女)、M1・F1(20〜34歳男女)とも全時間帯でトップを獲得したのは日本テレビだった。

フジ・メディア・ホールディングス2014年度の決算説明会で日枝久会長は、「我慢の時だ。何らかのきっかけで一気に好転するのが視聴率。ただし“魔法の杖”はない。亀山千広フジテレビ社長を先頭に危機意識を持って視聴率改善に取り組んでいる」と説いていた。

ネットフリックスとの契約は話題性も高く、うまくいけばフジテレビの番組を再評価してもらえるきっかけにもなる――そんな思いもあるのかもしれない。

好転のきっかけをつかめるかどうか。今秋のネットフリックス上陸が待たれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?