「40代で早稲田、50代で国立理系」受けた男の痛感 【動画】伊藤氏「学歴コンプはコンプじゃない」

✎ 1〜 ✎ 104 ✎ 105 ✎ 106 ✎ 最新
拡大
縮小
あ年齢は受験に影響するのか?(CHAI/PIXTA)

偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏を中心とした「チームドラゴン桜」のメンバーが、後天的に身につけられる「合格へのテクニック」を伝授。ゲストに40代、50代で大学受験に挑んだ社会科講師・伊藤賀一氏を迎え、「逆転合格」に必須の条件について議論します。

動画では、伊藤氏が年齢を重ねてから難関大を目指した理由をひもとくとともに、「年齢は受験に影響する?」や「30代以上での大学受験・入学のリアル」「『学歴コンプレックス』はコンプレックスと言えるのか?」といったテーマについて、さまざまな立場・角度から議論しています。

伊藤 賀一(いとう・がいち)/社会科講師。1972年京都市生まれ。洛南高校卒業後、法政大学文学部史学科に入学。首都圏で大手中学受験塾講師・家庭教師などを経験後、東進ハイスクール最年少講師として、日本史の生授業・衛星放送授業やテキスト作成責任者を務める。リクルート「受験サプリ(現スタディサプリ)」の社会科立ち上げに参画。現在、高校日本史・歴史総合・倫理・政治経済・現代社会・公共、中学地理・歴史・公民の9科目を担当する「日本一生徒数が多い社会科講師」。現在は予備校・塾には出講せず、社会人向けカルチャースクール、司法試験予備試験対策、大学のゲスト講師などの教壇に立つ。43歳で早稲田大学教育学部生涯教育学専修に一般受験で再入学、49歳で卒業。

前編はこちら:生徒数日本一の社会科講師が語る東大合格の流儀

撮影・編集:鈴木 研一郎
サムネイルデザイン:小澤麻衣、駒井佐和子

※再生時には音量にご注意ください

西岡 壱誠 現役東大生・ドラゴン桜2編集担当

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

にしおか いっせい / Issei Nishioka

1996年生まれ。偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。崖っぷちの状況で開発した「独学術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。

そのノウハウを全国の学生や学校の教師たちに伝えるため、2020年に株式会社カルペ・ディエムを設立。全国の高校で高校生に思考法・勉強法を教えているほか、教師には指導法のコンサルティングを行っている。また、YouTubeチャンネル「スマホ学園」を運営、約1万人の登録者に勉強の楽しさを伝えている。

著書『東大読書』『東大作文』『東大思考』『東大独学』(いずれも東洋経済新報社)はシリーズ累計40万部のベストセラーになった。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT