インテルは、なぜ167億ドル買収に挑むのか

「脱パソコン依存」で焦り

このような状況において、ブライアン・クルザニッチCEO(最高経営責任者)は、2014年度版のアニュアルリポートで、「急拡大している、IoT関連市場が本流になる時代が来る前に投資を行い、先導的な地位を確立する」と宣言。実際に、同社の2014年度のIoT関連事業の売り上げは、前期比19%増となる21億ドルに拡大している。

これにアルテラの売り上げを単純合算すると、40億ドル規模に膨らむ。依然としてPC関連の346億ドルや、データセンター関連の143億ドルと比べると小さいものの、インテルが新市場を開拓する橋頭堡を築いたといえる。

具体的に需要拡大が期待されているのは、自動車、工場の自動化設備や家電向けなどの製品だ。中期的にはこうした分野で、無線通信機能を備えた半導体の搭載が増加していくと見込まれる。現状で150億台ほどのネットワークに接続する機器が、2020年には500億台に拡大するとの予測もある。さらに、膨大なデータを処理する、サーバー向けの需要増も追い風だ。

本格化する業界再編

実は半導体業界の大型買収はインテルに限った話ではない。今年3月には、車載用半導体に強みを持つ蘭NXPセミコンダクターズが、競合の米フリースケール・セミコンダクタを167億ドルで買収すると発表。5月末に発表された、米アバゴ・テクノロジーによる通信用半導体の米ブロードコムの買収金額は370億ドルと、日本円で実に4.6兆円にも上った。

民間調査会社IHSグローバルの南川明アナリストは、「NXPは成長する車載分野でのシェア拡大、アバゴはIoTに対応する技術獲得などで、対応を急いでいる」と、その背景を分析する。

半導体に対するニーズが大きく変わりつつある中、大型買収を含む業界再編の動きは今後も続きそうだ。

「週刊東洋経済」2015年6月20日号<15日発売>「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。