キーマン明かす「宇都宮ライトレール」成功の鍵 利用者数は100万人を突破、今後の展望は?

拡大
縮小
宇都宮ライトレール常務の中尾正俊(なかお・まさとし) 氏は1944年広島市生まれ。1967年広島電鉄入社後、広島電鉄常務取締役などを歴任し、2015年より現職(写真:宇都宮ライトレール)
2023年8月26日に国内では75年ぶりとなる路面電車の新規路線として宇都宮ライトレールが開業し大きな注目を集めている。宇都宮ライトレール(通称ライトライン)の開業に向けて2015年から路面電車の専門家として陣頭指揮を執ってきたのが、広島電鉄出身の中尾正俊常務だ。宇都宮ライトレールのこれまでとこれからについて話を聞いた。

生活の一部として利用

――宇都宮ライトレールの開業からまる3カ月が経過しました。沿線の方々の反響や利用状況はいかがでしょうか。

開業から82日目となる11月15日には利用者が100万人を突破するなど多くの皆さまにライトラインをご利用いただいており、利用者数は堅調に推移していると認識しています。

通勤客のご利用が定着してきていることに加えて、小学生から大学生までの通学利用だけではなく、保育園・幼稚園などの園外活動、小学生の社会科見学など、さまざまな場面や目的に応じてご利用をいただいており、沿線の皆さまにはライトラインを生活の一部としてご利用をいただいているものと分析しています。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT