「正解主義」と「エセ平等」の呪縛から脱却せよ

藤原和博・東京学芸大学客員教授


これだけメディアが発達してくると、ある分野においては先生より詳しい子供がでてくる。例えば将棋に関しては先生より強いとか、水の知識では誰にも負けないとか。それなのに、皆を平均的に育てようとして、”普通”を強要するのは、拷問みたいなもの。「エセ平等」から脱して、1500万人の子供がいれば、1500万通りの天才になってもらうようにすべき。

国際社会でも、どの国の人にとっても正解ということはなくなってきている。交渉で目指すのはあくまで「納得解」。中国と韓国と日本でどのように国境を納得させるのかという話。その「納得解」をたぐりよせるには、「情報編集力」が欠かせない。

グローバルエリートを目指すなら、英語よりもまず先に、「情報編集力」を鍛えるべきだと思う。正解主義の呪縛をとかないと、グローバルエリートの「グ」のところでもう躓いてしまうし、「エリート」の「エ」にもなれない。

大学は100%の授業を情報編集型に

--具体的に、学校のカリキュラムをどう変えるべきでしょうか。

小学生の間は詰め込み中心で記憶力を鍛える形でいい。百ます計算も音読暗唱も100%賛成。小学校のうちは頭の回転、速さを競えばいい。

しかし、中学校からは頭の柔らかさを育てる必要がある。ディベート、ロールプレイ、ブレインストーミング、プレゼンなどを繰り返して、自分の意見をきっちり表現するための教育をしなければならない。小学校で1、2割、中学校で2、3割、高校では5割を、情報編集力を鍛える教育に当てるべき。

授業は、「思考力・判断力・表現力」を高められるような内容にする。たとえば、生徒に「原子力を推進すべきか?自然エネルギーを推進すべきか?」をテーマにディスカッションさせれば、互いに価値の葛藤が起きる。そうした経験を通じて、自分の意見をきっちりと表現し、人を説得していく能力が磨かれていく。

 

 

 

次ページ被災地訪問を義務付けよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT