有料会員限定

2月中にも片がつく共和党の「大統領候補」選び 帰趨を決する序盤戦とトランプ氏の裁判対策

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

アメリカの大統領選挙は長丁場だ。1月から両党が各州で候補者を選び、7〜8月の党大会で候補指名したうえで11月の本選に臨む。ただし、指名争いで重要なのは序盤だ。

デサンティス氏(左)とヘイリー氏(中央)がテレビ討論会に臨んだ同時刻、トランプ氏(右)はタウンホールの生放送(1月10日、アイオワ州、写真:NYtimes)

特集「展望 2024年アメリカ大統領選」の他の記事を読む

1月15日のアイオワ州共和党党員集会より、アメリカ大統領選は本格始動する。

共和党予備選は、独走するトランプ氏を、ニッキー・ヘイリー元国連大使とロン・デサンティス・フロリダ州知事の両候補が追いかけている状況だ。直近でトランプ氏の批判を強めている両候補だが、トランプ氏に追いつくのは今や手遅れかもしれないといった雰囲気も漂う。

両氏がこの窮地を脱する残された手法は、序盤戦でのサプライズのみかもしれない。2024年大統領選の共和党予備選では、1月に実施されるアイオワ州(15日)とニューハンプシャー州(23日)の2つの州の結果が極めて重要となる。

2.5%の有権者が共和党の候補指名を左右する

アメリカの予備選はすべての州が同日に選挙を実施せず、順番に実施して代議員を獲得していく世界でも珍しい仕組みとなっている。そのため、序盤の予備選での勝利は、後続の予備選勝利の可能性を大幅に高める効果がみられる。

メディアが序盤戦を大きく取り上げて勝者と敗者を明示し、上位につけた候補者は、その後の予備選で選挙資金や有力者からの支持確保が容易となって選挙戦で勢いを増すためだ。

次ページカーター氏の序盤躍進が革命をもたらした
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内