AKB総選挙、勝者を支えた驚異のプレゼン技術 なぜ彼女たちのスピーチは共感を呼ぶのか

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

「どうすれば人気が出るのか、とかも分からなくて…。でもこのグループがすごく好きになったから、すごく頑張りたいなって思って。気づいたらキャプテンになって、総監督になっていました」(高橋さん)

「今年は、こんなに自分に自信のない指原が一位になることができました」(指原さん)

主人公の葛藤にハラハラドキドキさせられながら、一件落着、「正義は勝つ」という正統派のストーリーにだれもが溜飲を下げるというわけだ。

共感創出スキルの「宝箱」

そしてConnection(共感・つながり)だ。

「きょう、おばあちゃんとお母さんが総選挙を見に来てくれました。昔、お肉を食べたいと言うと、お母さんは自分だけ先にカレーパンを食べて、私にお肉を食べさせてくれました。なので、きょうは私が夜ご飯をご馳走したいです。家族のみんな、いつもありがとう!」(渡辺美優紀さん)

「全国の自信のないみなさん、私のようにいじめられて、ひきこもりになって、親にたくさん迷惑をかけてしまったみなさん、陽の当たっていないみなさん。私はもう一度1位になることができました」(指原さん)

「頑張り続けることが難しいことだってすごくわかってます。でも、頑張らないと始まらないんだってことをみんなには忘れないでほしいんです」(高橋さん)

AKBのメンバーの語り口は常に、ファン目線だ。ファン一人一人に「あなたのことを話しているのよ」「あなたに話しかけているのよ」と思わせてしまう。「お母さん」や「近所の魚屋のお兄さん」など誰の身近にもいそうな固有名詞を出して呼び掛けてみたり、誰もが経験する挫折や壁に触れて、「私も同じ経験をしたからわかるわ。きっと乗り越えられる」と訴える。

かつてのメンバー、大島優子さんは「皆さんが水をかけてくれて太陽のような光を浴びさせてくれて花を咲くことができます。でも花はいつか枯れるので、枯れないためにもいつまでも太陽のような存在でいて下さい」とファンに呼び掛けたが、ファンを太陽になぞらえる(秋元康さん譲りの)「例え力」、ファンの頭の中に一枚の絵を描いてしまうような「お絵描き話法」の表現力など、AKBのトークはまさに「共感」を創出するコミュニケーションスキルのオンパレードだ。

他にも、自分をネタに笑いをとるComedy(喜劇)という、もう一つのCを織り交ぜたり、絶妙な「間(ま)」の取り方、話しながら、微妙にトーンを変えていくテクニックなどなど、隠れた工夫を挙げ出せば、きりがない。知れば知るほど単なるアイドル、とは侮れなくなる。

ところで、冒頭のワシントンポストのAKB評だが、こうやってコミュ力を分析する中で、あながち的外れでもないような気がしてきた。マイリー・サイラスはかつての大人気アイドルだが、最近は様々なゴシップですっかりお騒がせタレントになりつつあるものの、壮絶ないじめにあった経験を語るなど、そのぶっちゃけ方や突き抜け方が半端ないことから、常に話題になる存在だ。

一方で、テイラー・スィフトは真逆の優等生。ソーシャルメディアを積極活用し、ファンにサプライズでプレゼントをしたり、自らファンを訪ねたり、密なコミュニケーションで、カリスマ的な人気を維持している。人の「強さと弱さ」、「表と裏」、そのどちらもひっくるめた人間臭さ。それらを全身全霊で表現し、訴えかける強いコミュ力。AKBの魅力はそんなところにもあるのかもしれない。

岡本 純子 コミュニケーション戦略研究家・コミュ力伝道師

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

おかもと じゅんこ / Junko Okamoto

「伝説の家庭教師」と呼ばれるエグゼクティブ・スピーチコーチ&コミュニケーション・ストラテジスト。株式会社グローコム代表取締役社長。早稲田大学政経学部卒業。英ケンブリッジ大学国際関係学修士。米MIT比較メディア学元客員研究員。日本を代表する大企業や外資系のリーダー、官僚・政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチ等のプライベートコーチング」に携わる。その「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれる。2022年、次世代リーダーのコミュ力養成を目的とした「世界最高の話し方の学校」を開校。その飛躍的な効果が話題を呼び、早くも「行列のできる学校」となっている。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT