これがアップル音楽配信サービスの全容だ!

8日の年次開発者会議で発表予定の「目玉」

複数の関係者によると、アップルはライセンス契約をめぐってレコードレーベルや音楽出版社との交渉が難航している。新サービスの正式発表は内容が変更されるか延期される可能性もあるが、関係者は、アップルはこの手の交渉を何回も土壇場でまとめてきたとも語る。この件について、アップルも大手レコードレーベルもコメントを出していない。

音楽会社にとって争点は、定額聞き放題よりはるかに規模が大きいラジオ配信や、アーティストが無料でコンテンツをアップロードするプロモーション活動について、アップル側がいくら払うかという点だ。

アンドロイド端末でも利用可能に

定額サービスは月額10ドルで、広告付きの無料サービスはない見込みだ。最初の2、3カ月は無料の試用期間になるだろうと、関係者は語る。ソーシャルネットワーキングの機能も加わりそうだ。

「(アップルは)スポティファイに対抗するだけのサービスを立ち上げるつもりはない」と、大手レコードレーベルの幹部は語る。「彼らはあらゆる歌やダンス音楽の経験を提供しようとしている」。

アップルは音楽アプリのデザインを一新して、楽曲のダウンロードとストリーミング配信、ネットラジオを一カ所で楽しめるサービスを目指す。競合するアンドロイド端末でも利用できる計画だ。

ユーザーにとっては、これまで利用していた自分の音楽ライブラリーにもアクセスでき、新しい定額サービスという選択肢も増える。しかし音楽会社は、収入への影響を覚悟しなければならない。

ユーザーが定額サービスに切り替えれば、音楽会社の重要な収入源であるダウンロード販売の落ち込みは避けられない。業界団体の国際レコード産業連盟(IFPI)によると、ダウンロード販売の売り上げは、2014年は世界全体で前年から8%減少。一方で定額サービスの売り上げは39%増加している。

次ページ大物アーティストを起用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
超大型機をハワイ線に投入<br> 全日空「A380」就航の成否

総2階建ての世界最大旅客機「エアバスA380」。ANAが国内で初めて導入し、5月24日に無事初便就航となった。路線は成田―ホノルル線。ハワイはJALの牙城だ。攻め入るANAの意気込みと「事情」を追う。