「君たちはどう生きるか」アカデミー賞へ虎視眈々 北米首位デビューで宮崎駿ファンの期待に応える

拡大
縮小
君たちはどう生きるか 宮崎駿
© 2023 Studio Ghibli

『君たちはどう生きるか』が、北米で首位デビューを果たした。現地時間日曜日午前中の推定で、3日間の売り上げは1200万ドル。最終的に売り上げが確定するのは月曜まで待たなければならないものの、この通りであれば、先週末の『ゴジラ-1.0』を抜いて、外国語映画で今年最高の北米デビュー記録を築いたことになる。

ちなみに『ゴジラ』もあいかわらず好調で、先週に続き、3位をキープした。北米でトップ5のうち首位と3位が日本映画というのは、初めてではないだろうか。

完全な外国映画が北米首位デビューを飾ったのも、今年初めてのこと。スクリーン数は2250で、トップ7の作品の中で最も少ない。つまり、1スクリーンあたりの売り上げでもトップということだ(ちなみに『ゴジラ-1.0』は先週よりややスクリーン数を増やし、2540となった)。

観客と批評家も高評価

この北米オープニング成績は、宮崎駿作品で最高記録でもある。この映画の北米配給会社GKIDSにとっても過去最高だ。アカデミー映画博物館のオープニング特別展にも選ばれた宮崎駿は、ハリウッドの業界人から大きな尊敬を集め、一般人にもファンが多い。

2021年にロサンゼルスにオープンしたアカデミー映画博物館の最初の特別展に宮崎駿が選ばれ、大好評だったこともそれを示している。この巨匠がまた新作を作ったこと、その映画が日本でヒットしたことは伝わっていたし、早々と北米公開日がアカデミー賞狙いに最適な12月上旬に設定されたことも、ファンの期待を高めていた。

そんな待ち侘びていた人たちを、この作品は、ちゃんと満足させてあげたようだ。シネマスコア社の調査によれば、観客の評価は「A -」。5つ星評価では4つ星半で、65%が「断然、おすすめする」と答えている。RottenTomatoes.comでも、観客の91%が褒めている。批評家も96%の高評価だ。これは『千と千尋の神隠し』と同じで、『風立ちぬ』の88%、『崖の上のポニョ』の91%を上回る。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT